第1回公認心理師試験 12月実施分 午後問題

第1回公認心理師試験(12月実施分、午後)の問題です。

記載内容に間違いのないよう、何度も確認をしていますが、正確な情報は公式ページでご確認ください。

選択肢を2つ選ぶ問題でも、システム上、1つを回答すると採点されるようになっています。ご了承ください。

問題は’START QUIZ’ボタンからどうぞ。

第1回公認心理師試験 12月実施分 午後問題

問78 公認心理師の秘密保持義務違反になる行為として、正しいものを1つ選べ。
問79 児童虐待が疑われる事例の支援にあたって、公認心理師が関わる機関と介入の内容と組み合わせについて、正しいものを1つ選べ。
問80 人間性心理学の特徴として、最も適切なものを1つ選べ。
問81 心理学研究における観察法について、最も適切なものを1つ選べ。
問82 クロス集計表の連関の検定で利用される確率分布として、正しいものを1つ選べ。
問83 自己効力感〈self‐efficacy〉について、最も適切なものを1つ選べ。
問84 感情と認知の関係について、最も適切なものを1つ選べ。
問85 B. Latane と J. M. Darley の理論による緊急時の援助行動までの以下の1から5の意思決定過程の順序について、正しいものを1つ選べ。1 何か深刻な事態が生じているという認識 2 自分に助ける責任があるという認識 3 事態が危機的状況であるという認識 4 どうやって助ければよいかを自分は知っているという認識 5 援助しようという決断
問86 家族システム論について、最も適切なものを1つ選べ。
問87 聴覚障害について、正しいものを1つ選べ。
問88 DSM-5に記載されている知的能力障害について、正しいものを1つ選べ。
問89 トークンエコノミー法について、正しいものを1つ選べ。
問90 次の各種心理検査について、最も適切なものを1つ選べ。
問90 内田クレペリン精神作業検査の実施と解釈について、正しいものを1つ選べ。
問92 認知行動療法に影響を与えた人物と理論または技法との組み合わせとして、正しいものを1つ選べ。
問93 ひきこもり当事者への訪問支援(アウトリーチ型支援)について、最も適切なものを1つ選べ。
問94 認知症の症状を呈する病態で、治療が可能で病前の正常な状態に回復する可能性があるものとして、適切なものを1つ選べ。
問95 災害発生後早期の支援について、最も適切なものを1つ選べ。
問96 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律<DV防止法>について、正しいものを1つ選べ。
問97 生徒指導提要(文部科学省)に示されている生徒指導として、正しいものを1つ選べ。
問98 幼児または児童への司法面接について、最も適切なものを1つ選べ。
問99 睡眠について、正しいものを1つ選べ。
問100 ストレス反応について、正しいものを1つ選べ。
問101 突然の動作停止後にぼんやりとなり、口をもごもご動かしながら舌なめずりをして、自分の服をまさぐる動作が数分間みられる状態が月に数回あり、この状態があったことを覚えていない。この状態について、最も適切なものを1つ選べ。
問102 境界性パーソナリティ障害<情緒不安定性パーソナリティ障害>の特徴について、最も適切なものを1つ選べ。
問103 抗精神病薬の錐体外路系副作用として、正しいものを1つ選べ。
問104 医療法に定めるものについて、正しいものを1つ選べ。
問105 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律<精神保健福祉法>の入院に関する規定について、正しいものを1つ選べ。
問106 非行少年の処遇について、正しいものを1つ選べ。
問107 産業・労働分野の法令について、正しいものを1つ選べ。
問108 心理的支援活動を概念化、理論化し、体系立てていくために必要となる公認心理師の姿勢として、最も適切なものを1つ選べ。
問109 子ども虐待対応の手引き(平成25年8月改訂版、厚生労働省)で示す児童虐待のリスク要因に該当しないものを1つ選べ。
問110 公認心理師の責務と職業倫理に基づく相談業務の対応として、不適切なものを1つ選べ。
問111 青年期の特徴として、不適切なものを1つ選べ。
問112 コーピングについて、誤っているものを1つ選べ。
問113 地域包括支援センターの業務について、誤っているものを1つ選べ。
問114 少年鑑別所で用いる、少年の再非行の可能性と教育上の必要性を把握する法務省式ケースアセスメントツールにおいて、意欲、態度、今後の教育等によって改善し得る要素として、誤っているものを1つ選べ。
問115 保護観察において受講が義務付けられた、医学、心理学、教育学、社会学その他の専門的知識に基づく、特定の犯罪傾向を改善するための体系化された手順による専門的処遇プログラムに該当しないものを1つ選べ。
問116 ワーク・ファミリー・コンフリクトとして、不適切なものを1つ選べ。
問117 心的外傷後ストレス障害<PTSD>について、誤っているものを1つ選べ。
問118 記憶について、正しいものを1つ選べ。
問119 心理学実験について、正しいものを1つ選べ。
問120 プロスペクト理論について、正しいものを1つ選べ。
問121 クライエントとカウンセラーの作業同盟に問題があると疑われたときのカウンセラーの対処として、最も適切なものを1つ選べ。
問122 KABC‐Ⅱについて、正しいものを1つ選べ。
問123 J.T.Reason が提唱している安全文化の構成要素として、正しいものを1つ選べ。
問124 感情の発達について、不適切なものを1つ選べ。
問125 内発的動機づけと外発的動機づけの分類として、誤っているものを1つ選べ。
問126 クライエントに関する個人情報の扱い方について、適切なものを2つ選べ。
問127 間脳の解剖と機能について、正しいものを2つ選べ。
問128 大脳の生理学的機能について、正しいものを2つ選べ。
問129 新版K式発達検査について、正しいものを2つ選べ。
問130 タイプA型行動パターンについて、正しいものを2つ選べ。
問131 少子高齢化が進むわが国の現状について、正しいものを2つ選べ。
問132 児童虐待への対応で法律に定められているものとして、正しいものを2つ選べ。
問133 統合失調症の特徴的な症状として、適切なものを2つ選べ。
問134 介護保険法について、正しいものを2つ選べ。
問135 健康日本21(第二次)について、正しいものを2つ選べ。
問136 プライム刺激とターゲット刺激の意味的関連性によるプライミング効果について検討する目的で、語彙判断課題を用いた実験を行った。意味的関連がある(SR)条件の方が意味的関連がない(UR)条件よりも語彙判断の反応時間が短くなることを仮説とした。以下は論文における「結果」についての記述の一部である。「プライム刺激とターゲット刺激の意味的関連がある(SR)条件と意味的関連がない(UR)条件別に、語彙判断の反応時間の平均と標準偏差を算出した。SR条件ではM=620、 SD=100、UR条件ではM=640、SD=100で統計的に有意であった。このことからプライミング効果が認められたといえる。」この論文における「結果」の記述の問題点として、最も適切なものを1つ選べ。
問137 40歳の男性A、会社員。仕事でいくつも成果を上げ、大きなやりがいを感じている。部下へのアドバイスやサポートも惜しまず、人望がある。一方、家庭では息子の学業成績の不振や生活態度の乱れに不満を持ち、厳しく注意したり威圧的にふるまったりすることから、それに反発した息子と言い争いになることが多い。最近、息子はAと顔を合わせることを避け、自室に引きこもるようになった。E. H. Erikson のライフサイクル論におけるAの発達課題(危機)として、最も適切なものを1つ選べ。
問138 4歳の男児A、幼稚園児。2歳頃、単語が話せない、他児への興味を示さない及び視線が合いにくいという症状のため受診したがその後通院はしていない。数字が大好きで数字用のノートを持ち歩くなど、自分なりのこだわりがある。状況の変化には混乱して泣いたりすることが多いが、親が事前に丁寧に説明するなどの対応をとることで、Aも泣かずに我慢できる場面が増えてきた。公認心理師がAの支援をするにあたって、担当の幼稚園教諭からのAの適応状況に関する情報収集とAの行動観察に加え、Aに実施する心理検査として、最も適切なものを選べ。
問139 17歳の男子A、高校2年生。スポーツ推薦で入学したが、怪我のため退部した。もともと友人は少なく、退部以降はクラスで孤立し、最近欠席も目立つようになっていた。「死にたい」と書かれたメモをAの保護者が自宅で発見し、スクールカウンセラーに面接依頼があった。保護者との面接では家庭環境に問題は特に認められず、Aは「死ぬつもりはない」と話したという。Aとの面接では、落ち着かずいらいらした状態で、「死ぬ方法をネットで検索している高校にいる意味が無い」、「今日話したことは誰にも言わないでください」と語った。スクールカウンセラーの判断と対応として、最も適切なものを1つ選べ。
問140 20歳の男性A、大学生。最近、気分が落ち込むことがあり、学生相談室を訪れた。以下にAと公認心理師Bとの対話の一部を示す。B:一番気持ちが動揺するのは、どんなときですか。A:成績が悪かったときや女の子にふられたときですね。B:例えば、成績が悪かったとき、頭に浮かぶのはどんな考えですか。A:みんなが僕を軽蔑していると考えます。僕は負け組だって。B:女の子にふられたとき、頭に浮かぶのはどんな考えですか。A:大した奴じゃないということ。男としての価値がないんですよ。B:今のいくつかの考えに、何か繋がりが見えますか。A:僕の気分は他の人が僕をどう見ているかに左右されてるんじゃないでしょうか。この対話でBが用いている技法として、正しいものを1つ選べ。
問141 84歳の女性A、夫と二人暮らしである。Aは2年前に大腿骨を骨折し手術を受けたが、リハビリを拒否したまま退院した。現在は歩行が困難で、食事は不規則であり、入浴もあまりしていない。Aは易怒的であり夫に暴言を浴びせる。遠方に住む長女から地域包括支援センターに相談があったため、センター職員が数回訪問し、認知症を疑った。このときの認知症初期集中支援チームによる支援として、最も適切なものを1つ選べ。
問142 68歳の女性A、夫と二人暮らしである。Aは2年前にLewy 小体型認知症と診断され、月1回専門医療機関に通院している。特に介護保険サービスは受けておらず、日常生活にも大きな問題はない。物忘れは目立たないが、男の人が台所に立っているという幻視がある。夫に対して「あなたは夫と似ているけれどにせ者だ」と言うことがある。Aに認められている症状として、最も適切なものを1つ選べ。
問143 9歳の男児A、小学3年生。Aは、入学時から学校で落ち着きがない様子が見られた。担任教師がサポートしながら学校生活を送っていたが、学年が進むとささいなことで感情が高ぶったり教室の中で暴れたりするようになった。Aの学業成績はクラスの中でも平均的であった。スクールカウンセラーとAの母親が継続面接を行い、Aには個別の指導が必要であると判断した。Aが利用する機関として、最も適切なものを1つ選べ。
問144 大学の学生相談室のカウンセラーが、教員Aから以下のような相談を電話で受けた。「先月、ゼミを1か月欠席している学生Bを指導するために面談しました。Bは意欲が減退し、自宅に引きこもり状態で、大学生にはよくある悩みだと励まし、カウンセリングを勧めましたがそちらには行っていないようですね。Bは私とは話せるようで、何回か面談しています。今日の面談では思い詰めた表情だったので、自殺の可能性を考え不安になりました。後日また面談することについてBは了承していますが、教員としてどうしたら良いでしょうか。」このときのカウンセラーのAへの対応として、最も適切なものを1つ選べ。
問145 9歳の男児A、小学3年生。Aは、担任教師Bに注意されるにもかかわらず、他の児童の持ち物をとることを繰り返している。すでに自分が持っているものでも繰り返しとる。とった物を別の児童にあげることもある。BはAがクラスに適応するように対応をしているが、繰り返し他の児童のものをとることを放置しておけず、Aを呼び出して注意する。注意するとAはニコニコしながら、理解した様子で、あれこれ的を射た応答をしてくる。Aが理解した様子のため、もう繰り返さないだろうとBは期待するが、すぐに同じことが繰り返される。Aの行動の説明として、最も適切なものを1つ選べ。
問146 5歳の男児A。Aの父母は性格の不一致から協議離婚をした。協議の結果、親権者となる母親がAを養育することと、月1回のAと父親との面会交流とが取り決められた。ところが、2回目の面会交流以降、Aは父親との面会交流に消極的になってきた。困った母親は市の相談室に来室し、公認心理師である相談員と面談した。この場合の助言として、不適切なものを1つ選べ
問147 55歳の男性A。従業員20名の企業の社長(事業者)である。職場で精神疾患による休職者が多発し、対応に苦慮している。ストレスチェック制度を活用することで、これ以上の休職者が出ないようにしたいと、相談室の公認心理師Bに相談に来た。Bは必要な研修を修了し、産業医とともに、ストレスチェックの共同実施者となっている。Aの相談に対するBの対応について、不適切なものを1つ選べ。
問148 幼児を対象とした怒りのコントロール法として、新しい方法Xと従来の方法Yの効果を、置換ブロック法による無作為化比較試験によって検証することとなった。(1)ブロックサイズを6とし、84名の実験参加者を乱数によってA群:新しい方法X、B群:従来の方法Yの2群に割り付ける。(2)各群にそれぞれXとYを実施する。(3)遊び場面で怒りについての観察によるアセスメントを行う。この計画において注意すべきことについて、正しいものを1つ選べ。
問149 15歳の女子A、中学3年生。最近、成績が下がっているため中学校の相談室の公認心理師に初めて相談に来た。Aは成績低下の理由として、「集中力が落ちて勉強が手につかず、塾に行ってもほとんど頭に入ってこない」と話した。次第に口数が少なくなり、「両親が離婚を話し合っているため、自分の将来が不安で仕方ない」と絞り出すように言って涙をこぼした。公認心理師のAへの言葉として、最も適切なものを1つ選べ。
問150 14歳の男子A、中学2年生。Aは日頃学業への取組が不十分であり、定期試験の答案が返却される度に、点数が低いのは自分に能力がないからだと考えていた。しかし、今回の定期試験では努力した結果、Aは高得点をとることができた。Aはたまたま問題が簡単だったからだと考えている。原因帰属理論に基づいて、Aの担任教師がAの学業への取組を促すための対応として、最も適切なものを1つ選べ。
問151 30歳の男性A。Aは公認心理師Bによるカウンセリングを半年ほど受けていた。生活面での問題の改善がみられ、A自身も変化に実感を覚えていた。そのためBが、そろそろカウンセリングを終わりにしても良いのではないかと提案したところ、Aはすぐに合意した。「カウンセリングを通して自信がついたのでこのままやっていけると思います」とAは力強く語った。終結のプロセスとして、不適切なものを1つ選べ。
問152 20歳の男性A、大学生。「誰かが自分の中に入ってくるから気持ち悪い」と言い、半年前から大学を欠席するようになった。最近は「町中の人々が自分の命を狙っている。もう死ぬしかない」と言っていた。Aは包丁で自分を指そうとしているところを発見され、家族に連れられて来院し、即日、医療保護入院となった。1か月後、病識はないものの、症状が改善したため退院することとなった。主治医は退院後の方針についてAの家族に説明した後、公認心理師に面接を依頼した。公認心理師が行うAの家族への説明として、適切なものを2つ選べ。
問153 50歳の男性A。うつ病の診断で通院中である。通院している病院に勤務する公認心理師がAと面接を行っていたところ、Aから自殺を計画していると打ち明けられた。Aは「あなたを信頼しているから話しました。他の人には絶対に話さないでください。僕の辛さをあなたに分かってもらえれば十分です」と話した。このときの公認心理師の対応として、優先されるものを2つ選べ。
問154 6歳の男児A。4歳のときに母親は継父と再婚し、その後、継父からの暴力により腕と足首を骨折した。母親がAを病院に連れて行き、病院からの虐待通告後、継父は逮捕された。Aと母親は転居し、Aは保育所に通い始めた。Aは意欲が乏しく内気に見えるが、時折、別人のようになって他児に暴力を振るう。昼寝の時間は全く眠れず、家でも夜は何度も目を覚ます。乳幼児健康診査では何の問題も指摘されていなかった。Aに考えられる心理的問題として、適切なものを2つ選べ。
第1回公認心理師試験 12月実施分 午後問題
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}

〈PR〉ダイエットサポートコーヒー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です