公認心理師試験の事例問題を解いてみた[支援編]

こんにちは、凛子です。

公認心理師試験に向けて、毎日、事例問題に取り組んでいます。残っているのは支援と、その他の分野の2つのみ。終わりが見えてくると、ますますやる気が出ますね。

さて、今日は支援に関する問題を解いてみました。

公認心理師試験事例問題の解き方本 2019年試験対策 /辰已法律研究所/山口勝己posted with カエレバ楽天市場Amazon7net

難易度:ふつう ※個人の感想です

支援については、9月試験の7問、12月試験の4問、合計11問が載っています。

解いてみたところ、9月問題は満点でした。迷う部分はなく、これしかないでしょ、という感じでトントン拍子に進めることができました。

一番得意な分野かも!と浮かれていた私ですが、12月の問題は4問中3問が不正解という結果でした。

12月の問題は聞きなれない言葉もあり、判断に迷いました。9月問題よりぐっと難しい印象です。こんなに差があっていいものなのでしょうか。正直言って、疑問です…

私は11問中8問が正解でした。正答率は72%と、まあまあかな、という印象です。

チェックポイント

知識を入れておいた方がいいかなと思ったのは、このような項目です。

  • 認知行動療法の具体的な手順
  • イメージ暴露療法
  • 強迫性障害の治療法
  • SSRI
  • 問題解決技法

出題者の人、暴露療法が専門なのかしら、っていうくらいよく出ますね。精神疾患にどんな薬を使うか、っていう問題も頻出かなと。

今回できなかったところも、きちんと復習しておきたいと思います。

明日は[その他]の分野をやってみます。

ではまたー。(^o^)v