えにっき 20/12/15

朝の瞑想超一瞬。最近、夜更かしがちで朝にスッキリ起きることができない。わかっちゃいるけど止められない夜更かし。

移動中、ほぼずっと絵を描いていた。

朝に見た空を参考に描いた空の絵。
ピンクが好き
なんかのお花
なんかいい人そうな人の笑顔
帰り道に描いた絵。背景はグレーにしてみた。
田舎の善人みたいな顔な気がする
ちょっと気持ち悪かったらすみません

7枚も描いたのか、もはや覚えていないけど、いっぱい描いてるなって感じる。多分人生で一番、描くことと向き合っている。だけどこれは楽しい作業で、思うようにいかないとか、あまりいい感じの作品にならないと思うことはあっても、全然気にしない。

と言うのは、なんとなく描いて、なんか違うなぁ、良くない気がするなぁって思うような作品があっても、後になって「あの実験があったから、新しい作品ができたんだ!」と感じたことが、何度もあったからである。

ただただ、線を描く。色を塗る。それだけなのに、唯一無二のものができるのは、なんとも面白く、素晴らしいし、喜ばずにはおれない。この喜びを、誰かに伝えたくて、絵を描くのかもしれない。まさに「生きる喜び(ピカソの作品の名前で、すごくかわいい絵なんだよ。アンティーブのピカソ美術館で見られるそうです。見たいです。一人旅がしてみたいです。)」である。もうとても眠いので寝る。