えにっき 20/11/21

すごく久しぶりに、時間に余裕のある朝だった。朝の瞑想ちゃんとコース。

歯医者へ行ったら、虫歯が一本ありますね、と言われてかなりびびった。私は、この世で一番、歯医者が怖いのだ。虫歯を削られるのがものすごく怖かった。でも今は、歯を削られている間にマントラを唱えているので大丈夫である。

マントラを唱えると、緊張しないし、変な汗をかかないし、痛みもそんなに気にならない。今日削った虫歯はそんなに深くなかったので、痛くもなんともなく、本当に良かった。

大きい本屋さんへ行って、ピカソの画集を探したけれど、いいものがなかった。家にあるのが最強。他には書道用の辞典を見た。それぞれの文字が六書体ほど載っていて、どこの国、時代の、何の資料に載っていた字、というのも書いてあった。

自分の名前の漢字を見てみたら、今まで知らなかった書体がたくさん載っていて、興奮した。買いだ、と思ったけど、文庫本10冊くらいの値段だったので、今日は買わなかった。

文春文庫の売場で、西村賢太の「秋恵もの完結編」である「棺に跨がる」を手に取ったら、平積みでショージ君の新刊の文庫「オッパイ入門」を見つけたのでこれも購入。いい買い物をしたぜ。

懐かしのパステル画。